スーパーアフィリエイターが運営しているサイトを例に取りながら、どうすれば結果を出せるのか、やりかたを学んでいきます。アフィリエイトの実情を公開した、今までに2万人以上が読んでいる人気レポートです。

http://xn--tck8af3pb8791fn4q.affiliatecollege.net/

 

自分が扱うアフィリエイト商品が他サイトで格安で販売されていないかどうか確認する

以前、私が健康グッズや美容機器のアフィリエイトを行っていたとき、品質がとてもよく、実際にバカ売れの人気商品としてメディアにも取り上げられていた人気商品なのに、サッパリ売れなかったことがあります。

 

 

紹介文の書き方やアフィリエイトリンクの貼り方が悪いのかとあちこち修正を施しても、全く変化がありません。散々、悩んだあげく、原因を調べてみたら、極めて単純な理屈にたどり着きました。

 

 

それらの商品は楽天やアマゾンで格安で販売されていました。アフィリエイト広告主が設定していた販売価格が20000万円としたら、同じ商品を別の業者が15000円で販売していたというようなことです。

 

 

同じ商品で値段が違えば、安いほうが売れるのは当然です。自分がどうするのかということだけでなく、同業者の動向もチェックしなければいけないというビジネスとして当たり前の鉄則を初めて実感させられた出来事でした。

 

 

インターネットは価格競争の激しい世界でもあります。同時にインターネットユーザーは価格差に敏感です。少しでも安く購入できるようにサイトを探し回ります。価格比較サイトやショッピングモールのように大量のお店の情報を瞬時に検索できるサイトも存在します。そのため、他サイトと比べて、売価が高ければ売上が激減してしまうのがインターネットです。

 

 

アフィリエイト広告主の販売価格が他サイトより高ければ?

アフィリエイターというのは自分が紹介する商品の販売価格を左右することは出来ません。広告主が10000円で販売しているとすれば、この価格で決まりです。仮にこの状況で、9000円で販売しているサイトが別に存在するとしたら、どうなるでしょうか?

 

 

ユーザーはより安い販売サイトで購入します。つまり、売れない=成果があがらないということになります。これは、アフィリエイトサイトの内容うんぬんという問題ではありません。サイトのコンテンツが秀逸でユーザーが参考にするものであったとしても、それを読んだうえで、他サイトで購入するという流れが出来るだけです。

 

 

この状況を避けるには、事前に競合調査をしておくことです。自分が紹介する商品名で検索、表示される販売サイトを一通りチェックして、広告主の販売単価と比較するようにしてください。また、楽天市場、ヤフーショッピングのようなショッピングモールもチェックしてください。

 

 

テレビや雑誌といったメディアで取り上げられている人気商品の場合、調べてみれば分かりますが、まず複数のショッピングサイトで販売されています。

 

 

価格競争を避けるのがアフィリエイトの基本戦略

上記のことを一言でいえば価格競争に巻き込まれないようにするということです。価格競争が発生した場合、最終的には最も安い価格を提示したサイトの一人勝ちになります。

 

 

(価格コムがいい例だと思いますが、ランキングで下位の業者から買うことは極めて希でしょう。大半の人が、そもそも見ないと思います。)

 

 

広告主が、その勝者であればいいのですが、必ずしもそうとは限りません。また、仮にそうだったとしても、いつそれ以上の業者が出てくるとも限りません。

 

 

価格競争が発生している商品は扱わないほうが賢明です。同時に価格競争が起きないような商品を扱うという意識を持つことも大切です。ニッチな商品、マニアックな商品やブランドが確立している商品を扱ったり、通信講座、レンタルサーバー、ペット用品など、価格が安定している商品を扱うことです。

 

 

価格競争が激しい分野というのは商品の移り変わりも激しい分野です。そうなると、常に商品をチェックしなければならず大変です。手間暇を考えても、価格競争が無いところで勝負したほうが楽です。

 

ショッピングモールで販売されている商品は要注意

最初にあげた例が典型的なのですが、価格競争が発生している商品というのは間違い無くショッピングモールに出品されています。ショッピングモールに出品されている商品はアフィリエイトの選択肢として外すというぐらいの考えでいたほうがいいです。

 

 

もちろん、楽天やアマゾンでもアフィリエイトは出来るので、取り扱うことは出来ます。ただ、アフィリエイトの報酬率が低いため、まとまった収入を得ることは難しいです。売れやすいことは間違いないので、サブ的にリンクを貼っておくのはいいのですが、メインの収入源としては考えないほうがいいでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

 

タグ

11月 26, 2011 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイトプログラムの選び方

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ