スーパーアフィリエイターが運営しているサイトを例に取りながら、どうすれば結果を出せるのか、やりかたを学んでいきます。アフィリエイトの実情を公開した、今までに2万人以上が読んでいる人気レポートです。

http://xn--tck8af3pb8791fn4q.affiliatecollege.net/

 

アフィリエイトのライバルが少ないキーワードの探し方

こちらのページ『複合キーワードで勝負するのがアフィリエイトで成功するためのポイント』において、キーワードツールを使った探し方をお伝えしました。

 

ただ、このやりかたには、誰でも見つけることができるので、同じようなサイトを作成するライバルが増えやすいというデメリットがあります。

 

このデメリットを避けるには、頭を一ひねりして他人が思いつかないような切り口を考えだす必要があります。このページでは、そのやりかたについてお伝えします。

 

 

キーワードの拡張性を考える 

あなたが『株式投資』に興味があり、『証券口座開設』のアフィリエイトをするとします。

 

今までのキーワード選定の考え方からすると、株式投資に興味がある人が検索しそうな言葉、たとえば、『株式投資 初心者』、『株式投資 必勝法』、『株式投資 入門』といった複合キーワードを選びアフィリエイトを始めることになります。

 

しかし、これらのキーワードは誰でも思いつくのでライバルが多くなりがちです。

 

そこで、ポイントとなるのが拡張性です。株式投資に興味がある人は、検索をするときに『株式投資』という言葉で検索する人ばかりではありません。

 

たとえば、退職金をもらった人のなかで、老後の資産を増やそうと投資に興味を持つ人が増えていますが、彼らが、どういった言葉で検索するのか推測してみます。

 

たとえば『退職金 運用』というような言葉です。そこで検索回数を調べてみると6600とまずまずです。

ライバルの少ないアフィリエイトキーワード

 

ライバルがいないキーワードでアフィリエイトを行う

『退職金運用ガイド』というサイトを立ち上げ、「誰でもできる株式投資で退職金運用のコツ」といったコンテンツを公開すれば、検索する人は興味を持ってくれるはずです。そして、自分でもできそうと思ってくれたら、口座開設をしてくれる可能性が高くなります。

 

退職金運用をテーマにしたサイトを思いつくアフィリエイターは、そうはいないので、ライバルが増えるという心配はありません。

 

実際にGoogleで『退職金運用』と検索してみると、表示されるサイトは、銀行や資産運用会社などの法人サイトばかりです。

アフィリエイトとキーワードの拡張性

 

このように、キーワードにひねりを加えると、ライバルがいないテーマでアフィリエイトを展開できるようになります。

 

アフィリエイトを始める前に必ずニーズをチェックする

ただし、ここまでお話してきたことは、あくまでも予測です。『退職金 運用』と検索をした人が、本当に株式投資をしたいと思うのかどうか分かりません。そこで裏づけをとる必要があります。

 

これは非常に重要なことです。推測でサイトを立ち上げたら、自分の見込みと違っていた。こんな結果になったとしたら、それまでに要した作業や努力が全て水の泡となってしまいます。

 

こういったことを繰り返していたら、いつまでも結果を出すことは出来ません。サイトを作り始める前に、自分の見込み違いがないかどうか、キチンとチェックしましょう。

 

最も便利な方法は『教えて!goo』、『Yahoo知恵袋』といったQ&Aコミュニティーサイトを活用することです。特定のキーワードで検索すると、関連する質問がリストアップされるので、これらをチェックすることでニーズを把握することができます。

 

Q&Aサイト

 

上記の画像は『退職金運用』で検索をかけた結果ですが、確実性の高い資産運用法を求めている人が多いということがわかりました。

 

それならば、リスクが少ない投資信託や外国国債の証券口座開設プログラムを紹介すればよいのではないか、という判断を下すことができます。

 

こんなふうにして、他のアフィリエイトサイトがカバーしていないキーワードを見つけることが、成功のポイントとなります。そのためには発想力が重要となります。こちらのページ『発想力を身につけるには?』において、発想力の磨き方を解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

 

タグ

3月 24, 2012 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:キーワードの選び方

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ