スーパーアフィリエイターが運営しているサイトを例に取りながら、どうすれば結果を出せるのか、やりかたを学んでいきます。アフィリエイトの実情を公開した、今までに2万人以上が読んでいる人気レポートです。

http://xn--tck8af3pb8791fn4q.affiliatecollege.net/

 

自分の実感として腑に落ちていることを書かなければ、アフィリエイトでうまくいくことはない

同じようなページ数、コンテンツ量のアフィリエイトサイトがあったとして、一方はガンガン成果をあげているのに、もう一方はサッパリ・・・

 

こんなことは珍しくありませんが、この違いを生むのはコンテンツの中身です。当たり前の話ですが、コンテンツ(文章)というのは、ただ書けばいいというわけではありません。文字数が多ければ、それでいいというわけでもありません。

 

中身が伴っている内容であることが絶対条件となります。

 

説得力のある文章を書ける人がアフィリエイトで成功する

文章を書くときには、その内容に関して自分自身が納得していることが重要です。たとえば、アフィリエイト商品としてマイクロダイエットを紹介するとします。

 

このとき、実際にマイクロダイエットを使って痩せられて感動している人、実際に使用した経験は無く、どんな商品なのかよく知らないけど、マイクロダイエットが売れ筋の商品なのでアフィリエイトで扱っているという人、両者が同時に紹介した場合、どちらの人が説得力のある文章を作成することが出来るでしょうか?

 

考えるまでもなく、前者です。

 

『マイクロダイエットを使って痩せた~!!』というふうに嬉しがっている人から、『絶対に使ったほうがいいよ!』と高いテンションで薦められたら、ダイエットに興味がある人であれば、惹きつけられてしまうことは間違いありません。

 

逆に、ダイエットに興味があったとしても、マイクロダイエットのことを全く知らない人から『これはいいよ』と薦められたとしても、買う気はおきないでしょう。これは、とても重要なポイントです。

 

商品を知ることが、アフィリエイトで成果をあげるための出発点

営業の世界では、営業マンは自分が扱う商品を実際に売る前に、その商品のことを隅から隅まで勉強して、その商品の特徴を実感することが求められます。自分が実感していないことを言葉にしても、誰も信用しないからです。自分が良さを認め素晴らしさを実感して、その実感で語るからこそ相手に伝わります。

 

これは商品を紹介するときだけの文章だけでなく、あらゆる文章に共通することです。気持ちがこもっていない文章では、何も伝わりません。自分が書いた内容に関して、自分自身が本気で納得していない限り、相手には伝わりません。

 

こういった実感が伴っていないアフィリエイトサイトは、現在非常に多いのですが、アクセスすれば瞬間的に、そのことは分かります。そしてアクセスした人はすぐに離脱します。

 

多くのアフィリエイターが成果を出せないのは、この点を見落として、機械的に無機質なコンテンツを作成しているだけに終わっていることが最大の原因です。

 

それでは、あなたがアフィリエイトサイトのコンテンツを作成するときには、どうすればいいのでしょうか?

 

答えは簡単、あなたが本気で思っていること、考えていること、納得したことを書くことです。逆に、自分の腑に落ちない状態のままでは文章は書かない。これがアフィリエイトの鉄則です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

 

タグ

3月 27, 2012 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文章の書き方

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ