スーパーアフィリエイターが運営しているサイトを例に取りながら、どうすれば結果を出せるのか、やりかたを学んでいきます。アフィリエイトの実情を公開した、今までに2万人以上が読んでいる人気レポートです。

http://xn--tck8af3pb8791fn4q.affiliatecollege.net/

 

知識がなければ、文章は書けない

文章を書くというのは、自分のなかにあるもの(知識、経験)を出すということです。英語でいえばアウトプットです。アウトプットする前にインプット=自分のなかに知識や経験を入れなければいけません。

 

中身が空っぽの状態では何もアウトプット出来ませんから、インプットはとても重要です。

 

『文章を書こうと思っても全く書けない』という悩みを持つアフィリエイターのなかには、その原因を誤解している人がいます。

 

書けない人は文章スキルがないからと思いがちですが、実際には自分のなかに知識・経験のストックがないことに原因があることが大半です。

 

仮にあなたが文章を書くことが苦手だとして、自分の趣味や好きなこと、興味を持っていることについて書いてくださいと言われたらどうでしょうか?何かしらの文章は書けるのではないでしょうか?あるいはメールです。家族や友達とメールのやりとりをするとき、メールの文章が書けないと悩むことなんて、まずないですよね。

 

自分のなかに知識や経験が詰まっていることであれば、書くことは必ず出来ます。書けないということは知識不足の裏返しと考えてください。

準備に時間をかけることが重要

文章スクールを主宰されている高橋フミアキ氏は、著書『一瞬で心をつかむ できる人の文章術』のなかで、4:2:4の法則というものを紹介されています。文章を書くときの時間配分を表現したものですが、準備に4割、執筆に2割、推敲(書いた文章の見直し)に4割となっています。

 

1記事に30分かけるのであれば、準備に12分、執筆に6分、推敲に12分です。

 

30分の時間を費やすとして、そのなかで文章を書いている時間は6分ということですが、著者自身の経験からも納得です。記事を書くために、最も重要なことは中身を考えることです。書くべきことが明確になれば、あとは楽です。スラスラ進みます。

 

ペンが進まないときというのは、書くことが自分のなかで明確になっていないときです。ですから記事を書くときには、準備に時間をかけることを意識してください。

 

ちなみに、アフィリエイトの場合、準備・執筆・推敲の配分というのは、6:2:2ぐらいの配分でも構いません。

 

アフィリエイトサイトにアップする記事の場合、雑誌や本ほどのクオリティを求めなくてもいいので、推敲にかける時間は少し削っても大丈夫です。その時間も準備に振り分けると、よりいい記事が書けます。

 

いずれにしても、文章を書くという作業全体のなかで執筆すること自体はたいしたことではないということを覚えておいてください。

 

短期間で、アフィリエイトサイトのコンテンツとして耐えうる知識量を身につける方法

その分野に関する本を一度に7冊読めば、専門家レベルの知識を身につけることができるというふうに言われています。

 

7冊というのは少なめかもしれませんが、大量の本をまとめて読むことは、短期間で知識を習得するための最良の方法となります。

 

このテーマでアフィリエイトをやりたいという分野の本を徹底的に読み漁ってください。それで知識不足は解消します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

 

タグ

3月 28, 2012 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:文章の書き方

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ