スーパーアフィリエイターが運営しているサイトを例に取りながら、どうすれば結果を出せるのか、やりかたを学んでいきます。アフィリエイトの実情を公開した、今までに2万人以上が読んでいる人気レポートです。

http://xn--tck8af3pb8791fn4q.affiliatecollege.net/

 

内的SEO要素(2):文字数とキーワード出現頻度

このページでは、内的SEO要素のなかで、文字(文章・単語)に関する要素についてお話します。内的SEO要素と文字数

 

コンテンツの文字数は、かなり重要な内的SEO要素

検索エンジンは一定の文字数がある文章を評価する傾向にあります。数字については様々な説があり、年々変化していますが、今現在、800 文字が基準となります。

 

最低400 文字あればSEO的に評価されるとも言われていますが、どのサイトもこの数値を満たすようになってきているため、他サイトを上回る評価を得るためにも800 文字を目指すべきです。さらに欲を言えば、1000 文字ぐらいの文字数をクリア出来ると尚良しです。

 

ちなみに文字数に関して上限はないのですが、文字数が多すぎる文章というのは、WEB サイトのコンテンツとしては見難いものとなり、あまりオススメ出来るものではありません。

 

また、文字数が多い文章というのは、たいがいのケースにおいて複数のコンテンツに分割することが出来て、このほうが読みやすくなったりするものです。目安としては1500 文字です。

 

文字数が1500 文字を越えたという場合には、複数のコンテンツに小分けすることが出来ないかどうかチェックしてみましょう。

 

ただし、内容によっては文字数が数千文字になったとしても、一つのコンテンツとして成立する文章もあります。それどころか、分割することで読みにくくなるケースもあります。そんな時には、そのまま1 コンテンツとして残すようにしましょう。

 

キーワード出現頻度

キーワード出現頻度というのは、特定のキーワードが文章のなかで、どれくらい使用されているのか、その割合を示すものです。たとえば、総単語数が100 文字の文章のなかで、『ネットビジネス』という単語が8 回使われていたら、出現頻度は8%となります。

 

ネットビジネスをテーマにした文章を書いていれば、ネットビジネスという単語は自然に使われることになります。従って、検索エンジンは出現頻度が高いキーワードを重視する傾向にあります。

 

ネットビジネスというキーワードの出現頻度が高いコンテンツは、ネットビジネスというキーワードで上位表示されやすくなります。

 

作成側としては上位表示を狙うキーワードの出現頻度を上げることが重要となってきます。しかし、出現頻度が高すぎる文章は不自然と見なされ、逆に評価が低くなります。

 

最適な出現頻度については、これも色々な数字が言われていますが、今のところ3~5%が一つの目安と言われています。まずは、この範囲内におさまることを目指してください。

 

どうしても、この範囲内におさまらないという場合、低すぎるというケースにおいては、そのままで構いません。多少、評価が落ちるにしても決定的なダメージとはなりません。

 

一方、5%を大きく上回るという場合には、マイナス評価となる可能性も出てくるので、使用する回数を減らして、5%に近づけるようにしてください。(5%を多少上回る程度であれば問題ありません。)

 

最後にキーワード出現頻度が低い時には、3 つ以上は文章に盛り込むということを最低限、意識してください。検索エンジンは出現頻度とは別に3 回以上使用されるキーワードは重要なものと認識しています。

 

キーワードを先頭段落、最終段落に盛り込む

上位表示させたいキーワードを先頭段落と最終段落に盛り込むことで、そのキーワードで上位表示されやすくなります。うまく盛り込めるように文章を調整してください。

 

SEOよりもコンテンツとしての中身を優先する

このページでお伝えした内容は、コンテンツの中身そのものに関連することです。ここで注意すべきことは、SEOを意識しすぎて、おかしな文章にならないように気をつけるということです。

 

キーワード出現頻度を調整するために、無理矢理キーワードを入れ込んだり、逆に省いたら意味が分からなくところで削除してしまったりといったことをすると、コンテンツとしてのクオリティが低下します。

 

こうなったら、仮に上位表示出来たとしても、ユーザーからの評価が落ちるので、売上という最大目標を達成出来なくなります。最終的にお金をもたらしてくれるのは人間であり、検索エンジンではありません。

 

内的SEO要素と中身のクオリティ、両方を維持することが難しい場合には、後者を優先するようにしてください。

 

ただ、クオリティの高い文章は結果的に文字数が多くなるなど、ユーザーのためになるコンテンツは、結果的に内的SEO要素も満たすものです。なので、あまり難しく考えないことです。

 

人間のためのコンテンツを作る。こんなふうにシンプルにいきましょう!それが最高の内的SEO対策です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ