スーパーアフィリエイターが運営しているサイトを例に取りながら、どうすれば結果を出せるのか、やりかたを学んでいきます。アフィリエイトの実情を公開した、今までに2万人以上が読んでいる人気レポートです。

http://xn--tck8af3pb8791fn4q.affiliatecollege.net/

 

アフィリエイトでお金を稼ぐということの本質について(2008年12月執筆)

アフィリエイトでお金を稼ぐということの本質について、今日、不景気の中、ユニクロが単月で過去最高の売上高を達成したというニュース記事がありました。アフィリエイトで稼ぐ

 

快進撃の主役はヒートテックインナーという商品ですが、私も、この商品のタートルネックシャツを愛用しています。1枚1000円程度のシャツですが、かなりの高品質です。

 

私はタートルネックが好きで、他のブランドで1万円ぐらいのシャツも持っているのですが、それと比べても、どっちが高品質なのか分からないくらいです。

 

記事を読むと、ユニクロは5年かけてヒートテックインナーの開発に取り組んだということで、相当苦労しながら作り上げたようです。だからこそ、ユーザーから支持される高品質の商品が出来上がったのでしょう。

 

これは、どんなビジネス、もちろんアフィリエイトでも一緒だと思います。アフィリエイトやインターネットビジネスの世界では、マーケティング=売ることばかりに目を向けて、商品の中身を気にする人が少なくないような気がします。

 

でも、ユーザーに価値を与えることで対価をもらうことがビジネスであると考えれば、一にも二にも商品であるはずです。

 

劣悪の商品であったら、どれだけ売ることに注力してもうまくいかないですし、仮にうまくいってしまったら、それは詐欺行為と紙一重です。

 

特にアフィリエイトの場合、とりあえず気軽に商品を紹介しがちですが、その対価としてお金をもらうわけですから、そのことの重要性を改めて認識すべきです。

 

また、アフィリエイトサイトを作る場合には、サイトのコンテンツが商品とも言えるので、コンテンツの質にも注意を払うことが責任だと思います。

 

検索エンジンで調べても、質の悪いサイトばかりが表示されて迷惑ということを口にするインターネットユーザーが増えてきましたが、本来、『作ってくれて良かった』と感謝されるようなサイトにするのが運営者としての在るべき姿です。

 

ユニクロの話は基本を忘れないことの大切さを教えてくれているような気がします。

 

2012年7月に読み返してみて

ユニクロのヒートテックが話題になってから、もう4年近く経つんですね。いまだに冬場の人気商品ですし、それどころか、今では他社も真似して販売しています。

 

夏場だとドライメッシュですかね。

 

良い商品だとはやり廃りなく売れ続けるということです。アフィリエイトサイトも、そのようにありたいものです。

 

ずっとお金を生み出すサイトを作るには、ユーザーから支持されるサイトを作ること。これがアフィリエイトの基本です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

 

タグ

7月 16, 2012 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイトコラム

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ