スーパーアフィリエイターが運営しているサイトを例に取りながら、どうすれば結果を出せるのか、やりかたを学んでいきます。アフィリエイトの実情を公開した、今までに2万人以上が読んでいる人気レポートです。

http://xn--tck8af3pb8791fn4q.affiliatecollege.net/

 

アフィリエイトの競争激化に打ち勝つ、継続的に成果を生み出す方法

アフィリエイトというのは、純粋な力と力の勝負という側面があります。あなたが、サイトを立ち上げて成果をあげているとしたら、それはライバルとの勝負に勝っているからです。アフィリエイトの競争

 

勝者と言えますが、ここで油断してはいけません。ライバルは虎視眈々と、あなたに勝つことを狙っていますし、まだ見ぬライバルが新たに参入してくる可能性もあります。

 

あなたが運営している分野が稼げるテーマであればあるほど、どんどんライバルも増えます。従って、長い目で見たら、アフィリエイトは競争の激化が避けられないと思ってください。

 

うまくいったからといって油断していると、いつの間にかライバルに抜かされます。勝っている今がチャンスです。サイトの実力をさらに高めて、ライバルが太刀打ち出来ないくらい強固な地位を築いてしまいましょう。

 

アフィリエイトの競争が厳しくなる原因

ライバルが少ないジャンル(キーワード)をみつけて楽に成果をあげていたのに、急に競争が激しくなり稼げなくなった。アフィリエイトの場合、こんなふうに競争が激化する原因はアフィリエイトプログラムの露出度アップによるものが大半です。

 

広告主やASPが積極的にPRすることで、今まで知られていなかったアフィリエイトプログラムが、多くのアフィリエイターに扱われるようになった。あるいは、そのジャンルに当てはまるプログラムの数が増えることで、参入するアフィリエイターも増えたというものです。

 

アフィリエイターというのは商品をベースに考えます。売る商品を決めて、その商品を効率的に売るには、どんなキーワードでアクセスを集めればいいのかという発想でターゲットキーワードを決めます。報酬率の高い商品ほど、取り扱うアフィリエイターは多くなります。そのため、報酬額が高いアフィリエイトプログラムが多いFX、自動車保険といった分野は戦いが厳しくなるわけです。

 

逆に言えば、ライバルが少ないジャンルというのは、魅力的なプログラムが少ない、あるいは少なかった分野です。そんな未開拓のジャンルに良い商品が現れて、誰も気づかないうちにいち早く取り組むことができたというのがオイシイ状態です。

 

そのまま気づく人間が少ないままであればオイシイ状態は続きますが、アフィリエイターというのは情報収集能力に優れているため、すぐに気づき参入者が増えます。これが競争が激化するプロセスです。

 

サイト同士の戦いは必ず起こるもの

根本的に、このプロセスから逃れることは出来ません。アフィリエイトプログラムは誰でも扱えるからです。実力のあるアフィリエイターであればクローズド案件を扱うことで競争から逃れることも出来ますが、競争に勝ち、実績をあげているからこそクローズド案件のオファーがあるわけなので、最初から期待することは出来ません。

 

競争を避けるという発想ではなく、競争に勝つという発想で考えたほうが無難です。

 

アフィリエイトの競争に勝つ方法

もし、オイシイジャンルを他のアフィリエイターに先駆けてみつけた場合には、そのジャンルに関するサイトを立ち上げて、徹底的に作り込みます。

 

実力のあるサイトを作って、ライバルが気づいた時には、そう簡単に追いつけない状態にしておくことです。競争が少ないジャンルだと数ページのサイトでも上位表示出来てしまうことも珍しくありませんが、そこで満足せずコンテンツを増やしておきます。

 

そこまでしておけば、運営期間の長さと合わせて、後追いで参入したライバルにはそう簡単に負けません。

 

そうして、実績を積み上げていけば、広告主・ASPからの評価がアップして、他のアフィリエイターが扱えないような商材をアフィリエイトさせてもらうことも出来るようになりますが、ここまでくれば、かなり安泰です。

 

これが、ライバルが増えてもアフィリエイト収益をあげ続ける方法です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

 

タグ

7月 19, 2012 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:サイト運営ノウハウ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ