スーパーアフィリエイターが運営しているサイトを例に取りながら、どうすれば結果を出せるのか、やりかたを学んでいきます。アフィリエイトの実情を公開した、今までに2万人以上が読んでいる人気レポートです。

http://xn--tck8af3pb8791fn4q.affiliatecollege.net/

 

アフィリエイトサイトのテーマを綿密に決めることの重要性

アフィリエイトサイトのテーマを決めるってどういう意味?

 

 

そんなふうに思った人がいたら、このサイトを見て大正解です。アフィリエイトに失敗する人の多くが気付いていないポイントを押さえることができました^^

 

 

テーマというのは、簡単に言えば、『何のサイトを作る?』ということです。ダイエットに関するサイト、グルメに関するサイト、旅行日記、本のレビューブログ、etc何でもいいのですが、1つのテーマを決めることが重要です。

 

 

1サイト1テーマがアフィリエイトの基本

インターネットユーザーというのは、ある特定の情報を得ようとしてサイトにアクセスするものです。何でもありのサイト、例えば車の情報もあれば健康食品の情報もあるし、パソコンの情報もあるというサイトでは、ユーザーの注意を惹きつけることは出来ません

 

 

自分の行動を振り返ってもらえれば一目瞭然です。たとえば、健康食品に関する情報を求めて検索しているときであれば、健康食品とパソコンの情報が混じっているサイトより、健康食品の情報に特化しているサイトのほうを選択するのではないでしょうか?

 

 

1サイト1テーマ。これが基本です。

 

 

アフィリエイトサイトのテーマは絞り込むほどGOOD!!

テーマは絞り込めば絞り込むほど、切り口がハッキリして、サイトの存在感が際だちます。

 

 

健康食品を例にとると、サプリメント、漢方、アガリクス、プロポリスなど、様々な商品が存在しますが、『漢方』に興味がある人にとっては、色々な健康食品を扱っているサイトよりも漢方に特化しているサイトのほうが惹きつけられます。

 

 

また漢方といっても、数えきれないほどの種類が存在します。漢方を扱うサイトでは、症状別にその症状を改善する漢方薬を紹介するのが一般的な構成となっていますが、冷え性を改善するための漢方薬を紹介するサイト、便秘を改善するための漢方薬を紹介するサイトというふうに絞り込んだほうが、その症状に悩むユーザーを惹きつけることが出来ます。

 

 

絞り込みとニーズのバランスを図ることがアフィリエイトサイトでは重要

ただし、あまりにも絞り込むと、対象ユーザーの数が少なくなってしまいます。アフィリエイトでまとまった収入を得るには、1日数件、10件といった数の成果をあげることが必須ですが、そのためにはユニークアクセスを1日平均200~300は獲得する必要があります。

 

 

テーマを絞り込むと、アクセスが100以下になってしまうというような結果もおこりますので、絞り込みとニーズ(そのテーマに興味がある人の総数)のバランスを取ることが大切です。これがアフィリエイトの最も難しい点です。

 

 

他サイトを参考にして絞り込みかたを考える

絞り込みとニーズのバランスと言っても、慣れないうちは勘が掴めないと思います。その場合、他サイトを参考にするのがベストです。自分が興味を持っているテーマのサイトにアクセスして、どんな作り方をしているのか、構成を参考にしてみてください。

 

 

複数のサイトを見ると、共通項が出てきますが、それが絞り込みのポイントとなります。

 

 

小さなアフィリエイトサイトを複数作る

調べていくと、どうも自分が出来そうなテーマというのは、ニーズが少ないものばかり。そんな時には、サイトを複数運営するとことを視野に入れましょう。

 

 

テーマを絞り込むと、ライバルが少なくなくなるため、少ない労力で成果をあげることができます。そのため、複数のサイトを作ることも可能となってきます。

 

 

ニーズが少ない分野だと、1サイトごとのアフィリエイト収益は少なくなりますが、規模の少なさはサイトの数でカバーすることができます。収入源が分散することで、収入がなくなるリスクが減るというメリットもありますので、こんなやりかたも視野に入れておきましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

 

タグ

10月 15, 2011 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:テーマ選定

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ