スーパーアフィリエイターが運営しているサイトを例に取りながら、どうすれば結果を出せるのか、やりかたを学んでいきます。アフィリエイトの実情を公開した、今までに2万人以上が読んでいる人気レポートです。

http://xn--tck8af3pb8791fn4q.affiliatecollege.net/

 

アフィリエイトは続けるほど楽に稼げるようになる(1) (2009年1月執筆)

数年間、アフィリエイターとして取り組んできた経験、及び、1000人以上の人間にアフィリエイトを教えてきた実感として、アフィリエイト収入の増加ペースには一定の法則があると感じています。アフィリエイトの実情

 

最初のハードルは月収ベースで3~5万円。このハードルを越えた人は1~2ヶ月以内に10万円前後まで伸びます。

 

そこにたどりついた人は、さらに3ヶ月程度で30万円程度まで伸びます。この時期、本人が実行していることは、それまでと変わらないことなので、勝手に収入が伸びているという印象を持つ人が多いと思います。

 

30万円前後で、収入の伸びは一休みとなりますが、そこでさらに努力を続ければ、ここまでたどり着いたアフィリエイターの6~7割は、さらに収入50~60万円前後まで伸ばすことができます。

 

ただし、そこまでたどり着くまでの時間には個人差が出てきて、スムーズにトントン拍子で行く人もいれば、1年、2年という長い時間を要する人もいます。

 

その後が一つの分岐点で、さらに上を目指して努力して、月収100万円台に到達するのは一握りです。

 

こんな感じですが、要は5万円程度の月収を稼げるようになれば、そこから数ヶ月間で30万円程度まで伸ばすことができると言うことです。

 

5万円にたどり着くまでのプロセスが長くて大変なため(5万円を50万円まで伸ばすより、ゼロから最初の5万円を稼ぐほうが遙かに難しいですし、時間もっかります。)、そこまで達していない人にとっては信じられないことかもしれませんが事実です。

 

その理由ですが、もちろん5万円という金額を手にする頃には、アフィリエイターとしての実力がついているということもありますが、それ以上にASPや広告主から評価されて、オイシイ話が舞い込んでくるということが大きな要因です。

 

私は現在、様々なアフィリエイトプログラムを利用しています。その中で、収入源になっているものは30ぐらいなのですが、全て報酬単価が通常のアフィリエイトよりも上がっています。

 

最低でも一般的な報酬単価の30%増し、多いケースでは1件1500円のクレジットカードプログラムで6500円に設定してもらっていたり、1件10000円の語学教材を15000円にしてもらっていたりといった例もあります。

 

ですから、仮に成果件数が他のアフィリエイターと一緒でも、報酬額では大きな差がつきます。

 

たとえば、クレジットカードのアフィリエイトについては、1日30アクセス程度で、毎月10万円近くの報酬をあげているサイトもあるのですが、それは、単純に報酬単価が高いからです。

 

普通のアフィリエイト報酬計算でいえば、せいぜい3~4万円程度でしょう。

 

さらにオイシイ話として、またクローズド案件というものがあります。これは特定のアフィリエイターだけに用意されているアフィリエイトプログラムです。報酬単価は、かなり高いです。普通のアフィリエイトがお遊びに見えるぐらいです。

 

これらの話は、決して私だけが経験していることではありません。

 

ASPや広告主から高く評価されるアフィリエイターはほぼ全員、こんなふうになっています。

 

取り組んでいる人であれば分かると思いますが、アフィリエイトというのは、非常に難しいビジネスです。本当に結果を出している人というのは全体の1%もいないでしょう。

 

事実、数年前、私は広告主としてもアフィリエイトに参加、1万人以上のアフィリエイターと契約をしたことがありましたが、そのなかで結果を出した『広告主にとって有り難いアフィリエイター』は10人前後でした。

 

だからこそ、結果を出すアフィリエイターは優遇されます。希有な存在だからです。ちなみに、毎月数万円程度の報酬を稼ぎ続けるだけでも、アフィリエイターのなかではトップクラスです。

 

ですから、何らかの形で必ず報酬アップのオファーがきます。最初はせいぜい、1件2000円のアフィリエイト報酬が2200円という程度の話かもしれませんが、だんだんオイシイ話が増えてきます。

 

だから、アフィリエイトというのは稼げば稼ぐほど、さらなる収入アップが楽になります。

 

今現在、報酬額が殆どない、あるいは低額であるという人の場合、『なんで、ここまでやって、これだけにしかならない?』と非常に非効率なことのように思えるかもしれませんが、途中からは逆転して、笑ってしまうぐらい楽になるということを頭の片隅に入れておいてください。

 

私自身、ここ3ヶ月ほどは他の仕事が忙しくて、アフィリエイトは全くやっていないのですが、それでも同じ額の報酬が毎月振り込まれているのですから・・・

 

ただし!!

 

こんなふうになるには、一つだけ必ず守らなければいけないことがあります。難しいことではないのですが、忘れてしまうと、何時までも楽にならずに大変な努力を続けることになります。

 

そのことについては、明日にでもお話しようと思います。

 

2012年8月に読み返してみて

優れたアフィリエイターを優遇するという動きは年々、加速しているというのが実感です。広告主やASPも、結果を出せるアフィリエイターは一握りであること、そういったアフィリエイターを獲得しなければ、売上につながらないということを実感しているからだと思います。

 

クローズドASPと呼ばれる、一部のアフィリエイターのみが登録出来るアフィリエイトASPも増えてきました。広告主と密に連絡を取り合うことになるので、ここまでくると、もはや営業代理店ですが・・・

 

逆にいえば、アフィリエイト自体が職業として十分に成り立つ状況となってきているということです。アフィリエイターにとっては努力すればするほど報われる願ってもいない状況になりつつあると感じます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ