スーパーアフィリエイターが運営しているサイトを例に取りながら、どうすれば結果を出せるのか、やりかたを学んでいきます。アフィリエイトの実情を公開した、今までに2万人以上が読んでいる人気レポートです。

http://xn--tck8af3pb8791fn4q.affiliatecollege.net/

 

初心者をターゲットにしてアフィリエイトサイトを作る

他人の役に立つサイトを作るといっても、その内容は対象者によって変わってきます。仮にアフィリエイトをテーマにしたサイトを作る場合、相手が初心者であれば、アフィリエイトの始めかたやブログの立ち上げかたといった基礎知識を中心にしたサイト、相手が上級者であればコアな情報や応用テクニックを中心にしたサイトにする必要があります。

 

このことを前提にして、サイト運営者側から見た場合、作りやすいのは初心者向けのサイトです。コンテンツの中身が簡単な内容で済むからです。それほど高度な知識を伝える必要がないので(逆に難しいと嫌がられます)、作成のハードルが低くなります。

 

 

仮に、自分自身が初心者であったとしても、同じ立場の人間に対してであれば、役立つ情報を伝えることが出来ますし、初心者の気持ちが分かる分、上級者よりも役立つサイトが作れる可能性があります。

 

 

アフィリエイトで成果をあげるためには、他サイトに勝たなければいけませんが、自分自身が初心者レベルの場合、知識という点では、その道のプロにはかないません。しかし、熟練者というのは初心者の気持ちを忘れてしまい、うまくニーズに応えることが出来ないものです。そこで初心者という立場をうまく利用すればプロを出し抜くこともできます。

 

 

『アフィリエイト日記』というような感じで、日々の努力などを実況中継すれば、人気ブログになる可能性があります。ちなみに、こういったブログを運営する場合には、更新頻度を守ることが重要であり、そのためには本気でアフィリエイトに取り組む続けることが必須となります。(この手のブログで、すぐに更新が止まるものが少なくありません。)

 

 

初心者層は市場が大きいのでアフィリエイトで成果を出しやすい

アフィリエイトの場合、一般消費者を相手にすることが多いのですが、どんな分野でも一番数が多いのは初心者層です。初心者向けのサイトを作るというのは、最も市場規模が大きいところを相手にすることになります。

 

 

ユーザーの数が多ければ、アクセスを集めやすいですし、アクセスが多ければ成果があがる確率も増えます。

 

初心者層というのはそう簡単に減りません。

 

私がメインで運営しているアフィリエイトサイトのテーマは英語です。英語というのは、もう何十年間も重要と言われ続けていて、多くの人が勉強に取り組んでいます。それにも関わらず、英語が話せないという人は相変わらず多いです。『英語が話せるようになった』という人が劇的に増えたということもありません。

 

 

結局、初心者層が最も多いわけですが、これは英語だけではなく、どんな分野でも一緒です。

 

 

そのため、一度成果があがる初心者向けのサイトを作ることが出来れば、長期的に収入を得ることができます。収益の安定性という意味でも最も狙うべきユーザー層といえます。

 

 

初心者が最もお金を払ってくれる

初心者層を相手にすることで得られるもう一つのメリットは、商品が売れやすいということです。初心者というのは何も分からないので、他人の意見を元に商品を購入する傾向があります

 

 

これが上級者となると、自分で判断が出来るので、わざわざ他人のサイトの情報を参考にすることはありません。自分なりのこだわりを持っているので、他人が『これがいいですよ』と薦めても、そのまま購入することもありません。

 

 

そもそも、ネットで他人の意見を参考にするという行動をしないかもしれません。上級者を説得して、商品を買わせようとするのは至難の業です。

 

 

その点、初心者向けに商品を紹介すれば、素直に購入してくれる割合が高くなりますので、ビジネスとして考えた場合、稼ぎの効率が良くなります。そのために要する説明のレベル(提供する情報のレベル)も比較的低いもので済みますので楽です。

 

 

最も売るのが簡単で、かつお客さんの数が多い。これが初心者層を相手にすることのメリットです。

 

 

敢えて上級者層やマニアを相手にするというやりかたもアリですが、基本は初心者層です。これからアフィリエイトに取り掛かるという人は、最も簡単なところから攻めましょう。それが早い段階で成果をあげる秘訣です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

 

タグ

10月 29, 2011 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:テーマ選定

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ