スーパーアフィリエイターが運営しているサイトを例に取りながら、どうすれば結果を出せるのか、やりかたを学んでいきます。アフィリエイトの実情を公開した、今までに2万人以上が読んでいる人気レポートです。

http://xn--tck8af3pb8791fn4q.affiliatecollege.net/

 

アフィリエイトに対する先行投資をしていますか?

このところ、アフィリエイトに対する投資額が増えています。投資の内容は一つはセミナー参加費。ノウハウや最新情報を学ぶための費用です。これはアフィリエイターのなかでも実践している人が多いことだと思いアフィリエイトに対する投資ます。

 

でも、もう一つのことは実践している人は少ないかもしれません。それは商品を学ぶための投資です。簡単にいえば商品の購入費用です。自分で扱うアフィリエイト商品や類似商品を使ってみるために、実際に買っているということです。

 

こういうことをしているアフィリエイターって少ないと思いますが、ビジネスとして考えたら、ごく当たり前のことです。どんな業界でもライバル他社の商品を実際に購入して、中身を確認するというのは、一番最初に実践する基礎中の基礎です。

 

やって当たり前、やらないほうが理屈でいえばおかしいわけですが、それがまかり通っているのがアフィリエイトの世界だったりします。

 

偉そうにこんなことを書いている私自身、商品を購入するということは、つい最近まで殆どしていなくて、サンプル商品をもらったりするなどして、対応していました。

 

ただ、サンプル商品だと実感が湧かない部分があり、本気で売れる紹介文を書こうとすると、どうしても情報不足を感じることがあり、このところは気になる商品があったら、迷うことなく買ってしまうことにしています。

 

これは投資効果という点では抜群です。

 

仮にアフィリエイトの報酬率が10%の商品を買うとしたら、10個販売すれば元が取れる計算となります。

 

商品のことを知らずにアフィリエイトを行うのと、手元において使い込んでから紹介するのとでは、出来ることが全然違います。

 

レビュー記事を書くにしても、内容の濃さが全然違います。

 

私の場合、語学教材が多いのですが、学習日記といった要領で1週間に1回でもいいので、感想をまとめてアップすれば、情報量の桁が違ってきますし、これはSEO的にも有利です。

 

特に、その商品名で上位表示させやすくなるので、商品に興味を持ったユーザーをがっちりと押さえることが出来ます。

 

実際、先月も3980円の10回払いという通信講座を申し込みましたが、その講座のアフィリエイトで既に2万円分の報酬が上がっています。このペースでいけば、来月には講座の受講料がペイしますし、そこからは一生プラスです。

 

教材が手元にあれば、幾らでもコンテンツは新規で作成出来るので、そう考えると安いものです。

 

もし、これをお金をケチって商品購入を諦めてみたら、商品知識が浅いままなので、いくらたっても報酬が上がらないという結果になってしまったかもしれません。

 

『お金がないから商品が買えない』という人もいるかもしれませんが、それは本気度が低い証拠とも言えます。

 

先ほども書いたように報酬率10%であれば、10個販売すれば購入費の元が取れます。5%だとしても20個です。

 

本気でアフィリエイトで稼ぐつもりなのであれば、20個ぐらい簡単に売りさばいて当然です。

 

そう考えれば、決して難しいことではありません。躊躇するのがおかしいわけです。

 

アフィリエイトノウハウを学ぶためにお金をかけている人、お金をかけた経験がある人であれば尚更です。

 

先行投資の重要性を理解しているので、商品知識を増やすことの重要性を理解すれば、同じことが出来るはずです。

 

ちなみに、ここでオススメなのは、やはり自分が興味があるテーマ、好きなテーマをアフィリエイトとして扱うことです。

 

私の英語がそうなのですが、このブログでも何度か触れているように、私は1学習者として英語の勉強を続けています。

 

語学は私にとってかなり重要性が高いことなので、これはアフィリエイト抜きでも行うことは間違いありません。

 

本来であれば、語学の勉強というのはお金を払って行うことですが、それをアフィリエイトのテーマとして絡ませることで、私の場合、お金儲けのネタに変えることが出来ています。

 

普通の人がお金を払っていることを、逆にもらいながら実行しているわけです。こんなにオイシイことはありません。

 

それだけに勉強にも身が入りますが、それはアフィリエイトという観点からみると、業界に関する知識、商品に対する知識が増えるので、ますます稼ぐやすくなるということです。

 

私は語学マニアでもあるので、最近、ますます面白くなってきて、同時通訳や翻訳のプロになるための試験なども受けてやろうと思っています。

 

そこまでになれば、まさにプロなので、サイトに対する信頼度もそのへんのアフィリエイトサイトとは比較にならなくなりますし、仮にアフィリエイトというものがなくなったとしても、そこまでに身についた知識を利用して、通訳者や翻訳者として活動するなり、自分で語学教材を開発して販売するなり、自由自在です。

 

どうせなら、ここまで一つのテーマを追求したほうがオイシイと思っています。

 

これはほかのサイトにも言えることで、自分が一消費者として欲しいと思う商品があるテーマを主戦場にしてアフィリエイトしようと考えています。

 

このところダイエットに取り組んでいるので、そのあたりや、風邪を引きやすい体質を改善したいと思っているので、そこから健康というテーマを追求するといった感じです。

 

あるいはモチベーション管理や仕事の効率性アップといったビジネススキルの向上も重要な関心事なので、そうなるといわゆる自己啓発系商材も視野に入ってきます。

 

今は、自分が欲しいと思った商品、実際に買った商品に関しては『これはアフィリエイト出来るのか?』と必ずチェックするようにもしています。

 

このほうが頭でどんなテーマにしようか考えるよりも、よほど自分に合ったテーマを見つけられそうです。

 

この1ヶ月ほど、SEO関係のセミナーに参加して実感していることですが、今後はその分野のプロからも評価されるぐらいの専門性を持つサイトでなければ生き残れなくなると思います。

 

プラス、そこにサイト運営者の主張や考えが反映されていることも重要な要点になってくると思います。

 

感覚では、論文や研究レポートといった感じでしょうか。業界で参考資料として用いられるぐらいになるレベルですね。

 

先日、参加したSEOセミナーの講師の方は、こんなサイトを作っていました。

http://udon.mu/

 

日本各地のうどんをリストアップしたサイトですが、情報量の濃さから業界で有名になり、日清のような大手企業からも共同企画の提携を打診されるほど。

 

うどんの絵本を監修するなど、1個人が作ったサイトとしては飛躍的な成長を遂げています。

 

逆に言えば、存在価値のある専門性の高いサイトを作れば、個人でも大企業と対等な立場に立ってビジネスすることも可能ということです。

 

まさに自分のアイデアと能力次第。大変と言えば大変ですが、コンテンツ数や被リンク数といった単純な力技で勝負が決まるよりも、よっぽどクリエイティブで楽しい競争だと思います。

 

今は個人でもブランディングさえキチンと出来れば、幾らでもお金が稼げる時代です。アフィリエイトという枠組みでおさまらず、むしろアフィリエイトは一つの収入源程度に考えて取り組んだほうが、やりがいがあって面白いのではないでしょうか。

 

何でもいいから、その道のプロを目指しましょう!

 

それが結局は最も手堅く、アフィリエイトで稼ぐことにもつながります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

 

タグ

11月 29, 2012 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:運営者日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ