Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/cupipa/affkk.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524


スーパーアフィリエイターが運営しているサイトを例に取りながら、どうすれば結果を出せるのか、やりかたを学んでいきます。アフィリエイトの実情を公開した、今までに2万人以上が読んでいる人気レポートです。

http://xn--tck8af3pb8791fn4q.affiliatecollege.net/

 

直帰率と平均ページ-ビューを改善すれば、グーグルの評価も上がる


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/cupipa/affkk.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524

タイから帰国して1週間、ようやく元の生活ペースに戻りつつあります。2週間もいつもと違うペースで生活していると、なんだかんだいって元に戻るのは時間がかかるようです。

 

でも、頭は既に次のダイビングモード、今度はいつ、どこに潜りに行こうかとネットサーフィンに夢中です^^

 

さて、今日は久々にアフィリエイトネタです。先週末、下記のアフィリエイトサイトを更新しました。

 

『かかってこい!英会話』

http://w117.d.fiw-web.net

 

このサイトには更新履歴を乗せているので一目瞭然なのですが、約3ヶ月ぶりの更新です。その前の更新も3ヶ月前だったので、これぐらいのスパンで更新していることになります。殆どほったらかしです。

 

このサイトに関しては、検索エンジンの順位、アクセス数、アフィリエイト収入、全てが安定していて、こまめに更新しなくても悪影響が出ないので、半分ほったらかしにしています。

 

(伝えたいことは全てコンテンツ化したので、今更書くことが無いという理由もあります。)

 

そういったわけで、時々思い出したように更新する程度なのですが、そのタイミングに関しては、適当ではなくアクセスデータをみて必要性を判断したうえで実行しています。

 

また、今回の更新では2つのコンテンツを新たにアップしたのですが、これにもキチンとした狙いがあります。

 

このあたりはアフィリエイトに取り組んでいる人には参考になるかもしれないので、軽くまとめてみます。

 

まず、更新を決めた理由ですが、直帰率、平均ページビューの2つのアクセスデータが判断基準となっています。

 

私は、この2つのデータをユーザーの満足度を測る指標として使っています。

 

(ちなみに、アクセス解析ソフトはグーグルアナリティクスを使っています。)

 

簡単に解説すると、直帰率というのはアクセスしたけど、他のページを閲覧することなく、サイトから離れていったユーザーの割合です。

 

直帰率が多いということは、そのサイトに見るべきところ、興味を惹きつけられるところが無いので離脱したということの裏返しです。

 

ですから、直帰率が高くなるというのは、サイトに対するユーザーの満足度が低下した結果と仮定しています。

 

ちなみに『かかってこい!英会話』の場合、リピーターの割合が多いため、新しいコンテンツを求めてアクセスしたユーザーが、サイトが更新されていないため、そのまま離脱しているという可能性も高いと思います。

 

そのため、直帰率が一定の数字を越えた時点で、サイトを更新して鮮度を保つようにしています。

 

ちなみに先週末時点で直帰率は47%ですが、私は45%を越えた時点で更新時期と位置づけています。

 

直帰率40%前後を保つというのを合格ラインとしているので、様子をみながら、その数値に近づくまで、サイトの更新・修正・改良を行う予定です。

 

平均ページビューは、アクセスした人間が閲覧したページ数の平均値です。サイトの内容に満足したユーザー、興味を持ったユーザーであれば、自然に多くのページを見ます。

 

ですから、この数値が低い場合にも、ユーザーの満足度が低いというふうに考えます。

 

この数値の合格ラインはサイトの構成や目的によっても違ってきますが、『かかってこい!英会話』の場合、中身のコンテンツを評価してもらうことで信頼を得るということが生命線なので、平均ページビュー5.5~6は最低限キープすることを意識しています。

 

先週末時点では5.2。要改善ということです。

 

このように直帰率、平均ページビュー、ともに基準値を下回っていたので、サイト更新のタイミングと判断しました。

 

ちなみに、これは私の経験則なのですが、こんなふうにユーザーの満足度が低下している傾向を放置して何もしないと、検索順位(特にグーグル)も落ちてきます。

 

私はSEOについてはプロというわけでは無いので因果関係は分かりませんが、必ずこの傾向があります。

 

以前、放置していたときには常にトップ3を維持していたものが20位ぐらいまで落ちました。これはマズイと思い、サイトの更新だけを実行していたら、またトップ3に戻りました。(被リンクなど、他の要素には全く、手をつけていない状況での話です。)

 

ちなみに戻るときも、まず直帰率や平均ページビューが改善して、その後に検索順位がアップするという流れで一定しています。

 

こんな経験があるので、私はこれらのデータを検索順位変動の前触れのサインとしても使っています。

 

以上がサイト更新のタイミングに関する話となりますが、ここまででも長くなってしまいました。次に更新内容についてお話しようと思ったのですが、これは明日にします。

 

こちらも適当ではなく、狙いを定めたうえで実行しているので、その背景についてお伝え致します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

 

タグ

5月 18, 2009 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:運営者日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/cupipa/affkk.com/public_html/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524