スーパーアフィリエイターが運営しているサイトを例に取りながら、どうすれば結果を出せるのか、やりかたを学んでいきます。アフィリエイトの実情を公開した、今までに2万人以上が読んでいる人気レポートです。

http://xn--tck8af3pb8791fn4q.affiliatecollege.net/

 

SEOが苦手な私がアクセスを集めるために肝に銘じていること

昨年の秋から冬にかけて、SEO関連のセミナーに幾つか参加したということを以前書きましたが、そこで学んだノウハウをベースにして、今年の初めにサイトを立ち上げました。

 

それが、このサイトです。

http://happybridal.net/

 

目的はただ一つ、『ブライダルネット』というキーワードで上位表示することだけを狙ったサイトです。

 

セミナーのなかで、新規サイトを短期間で上位表示させるためのノウハウというものがあったので、試してみました。

 

その結果ですが・・・・

 

このサイト、残念なことに『ブライダルネット』というキーワードでは100位以内にも入っていません。失敗ですね(;^_^

 

その反面、『ブライダルネット』に関連するサブキーワードではアクセスが発生していて、サイト立ち上げから1ヶ月後の段階でアクセスが1日10~20ぐらいで推移しています。

 

こちらの記事で『男の婚活・恋活』というサイトのデータを取り上げましたが、今まで自分が作ったサイトは、立ち上げてから数ヶ月ぐらいはアクセスはサッパリということが多いので、その点においては、多少なりとも効果はあったのかなと思います。

 

ただ、当初の予定としては立ち上げ直後から50位以内には表示させて、そこからコンテンツをブラッシュアップして、3ヶ月以内にトップ10入りという心づもりだったのですが、それは恐らく無理なので、失敗といえば失敗です。

 

つくづくSEOが下手な人間です

 

今回、試してみて改めて思ったのですが、私はSEOが下手な人間です。なかなかうまくいきません。

 

その反面、時間さえかければ、アクセスも収入も安定したサイトを作ることが出来ますし、そこはまず失敗しないので、基本的には、この方向性が合っているのだろうなと思います。

 

実は、今年になってもう一つ立ち上げたサイトがあります。それはアフィリエイトはひとまず抜きにして、口コミで広げてアクセスを集めやすいだろうと思われるテーマを選択して作ったサイトです。

 

被リンクはゼロ、コンテンツ力だけで、どこまで勝負出来るのかということで実験的に作ったサイトですが、こちらは1ヶ月前に1日3アクセスだったのが、このところ100前後で推移するようになりました。

 SEOデータ

※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます

 

面白いのは、アクセスの流入元です。『検索トラフィック』というのが検索エンジン経由のアクセスなのですが、全体の2割ほどです。

 

 SEO

半数以上が『参照トラフィック』となっていますが、これは他サイトやブログ経由でのアクセスを示しています。

 

これは他のブログやサイトからリンクを貼られて、そこからアクセスが流入しているということを意味しています。

 

そのサイトでは双方向のコミュニケーションを促進させるため、コメントが書き込めるようにしているのですが、ちらほら書き込みがされるようになり、だんだん動きがあるサイトになってきています。

 

このままいけば、夏ぐらいには1000単位のアクセスにまで伸ばせると思うのですが、これはコンテンツ力があってこそ出来るやりかたです。

 

そのため、やっぱり自分にはコンテンツで勝負するやりかたのほうが向いているんだなと実感しています。

 

コンテンツを書くといっても、それほど膨大な量を要するわけではありません。

 

キチンと丁寧に作り込めば、1サイト100~200ぐらいで済みます。多いと思われるかもしれませんが、サテライトサイトを幾つも作ってとなると、この数十倍のコンテンツ数は必要となってきます。

 

それでいて、昨年のペンギンアップデートのように、何かの拍子で大きな変動に巻き込まれるリスクが高いので、それを考えるとコツコツ作り込んでいくほうがいいなと思っています。

 

もちろん、これも向き・不向きなので、誰にとっても最良のやりかたとは限らないのですが・・・

 

質の高いコンテンツを増やすのは簡単

 

こんな話をすると、『そんなにコンテンツを書くことが出来ない』という人が多いのですが、そういった人は、一つの勘違いをしています。

 

それは『毎日、違った内容を書かなければいけない』という思い込みです。

 

全く同じコンテンツを何度もアップするようなことはダメですが、同じようことを違った言い回しで書いていくのはOKです。

 

たとえば、このブログの記事もそうです。

 

このブログで私が書いていることは、結局は『真面目に質の高いコンテンツを作っていこう』ということです。毎回のように、同じことを書いています。

 

ただ、その都度、細かい内容は違うので、読んでいて同じコンテンツとは思わないはずです。(同じことを言っているなとは思われるかもしれませんが・・・)

 

でも、これって一つのテーマでサイト運営を続けていれば当たり前のことです。毎回のように言っていることが違っていたら、そのほうが問題です。

 

一つのメッセージを何度も繰り返し伝えるというのも、サイトとしては当たり前のことであり、運営者としてやるべきことでもあるので全く問題ありません。

 

切り口は変えるという点に関しても、これも実際のところ、すごく簡単です。

 

自分が扱っているテーマに関して新しい知識や情報を仕入れたり、新しい経験をすれば、自然に切り口は変わってきます。

 

同じようなことを書こうとしても、読み比べてみると、全く違う文章になっているものです。

 

これは自分が成長して変化しているからこそですが、そのテーマに関する情報収集さえ怠らなければ自然に出来ることなので、難しく考える必要はありません。

 

ある程度、コンテンツが出揃うと、ネタがなくなってくると思います。そうしたら、無理にネタを考えず、その都度、頭に思い浮かんだことを書いてみるといいです。

 

その場その場で、書きたいことを文章にしていくと、変に理屈で考えるよりも、読んでいて面白いコンテンツが出来上がります。

 

(誰か1人をイメージして、その人に対して書くようにすると、さらに良いです。)

 

このスタイルが確立すれば、ネタ不足に困ることはないので、ぜひ試してみてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

 

タグ

2月 13, 2013 | コメント/トラックバック(4) |

カテゴリー:運営者日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 星野政行 より:

    有り難うございます。
    私のサイトもインデックスされはじめました
    築いたことはサーバーによっては、1週間足らずでインデックスされました。
    これは無料サーバですが驚きました。新たに有料のサーバーをレンタルし、サイトを作成しています。かれこれ1年になりますが楽しんでサイトを作成しています。またよい知らせができればと思います。

    • アフィリエイトカレッジ伊藤 より:

      コメントありがとうございます。

      少しずつプラスの結果が出てきているようで何よりです。楽しんで出来るというのは一番です。ぜひ、また良いご報告を聞かせてください。楽しみにしています。

  2.  伊藤哲哉さんのメールやブログなどをよく拝見させていただいております。

     伊藤哲哉さんの「サイトのコンテンツを増やし,内容を充実させ,努力すれば必ず成果はついてくる。」という考えは王道であるかもしれません。

     しかし,ここで,区別しなければならないのは,アフィリエイトを趣味でやるのか,副業としてやるのか,本業として生活をかけるのか,ということではないでしょうか? どのスタンスでアフィリエイトに臨むかで,アドバイスも変わると思うのです。

     Googleは役立つサイトはナチュラルリンクがつくと言っているようですが,どんなに優れたサイトでも最近のGoogleはすぐに上位表示しません。

     たとえば,検索結果が100位に表示されたサイトでも質がよければ,みなさん自然にリンクしてもらえるんでしょうか?

     生活をかけてアフィリエイトをするならば,SEO抜きでは考えられませ
    ん。

     最近のGoogleはリンクが急に増えたら不自然なのでペナルティ,アンカーテキストが同じものが多すぎたらSEOねらいと考えペナルティ,相互リンクもやりすぎたら意図的なのでペナルティ,サテライトサイトが貧弱だったらSEOをねらいなのでペナルティ・・・

     アルゴリズムも複雑でSEO対策で,同じことしてもあるサイトは順位が上がり,あるサイトはペナルティ。

     すみません愚痴になってしまいました。結局SEOって生活をかけてアフィリエイトする者はペナルティので一歩手前の閾値まですることではないでしょうか?

     趣味でやるなら,よいサイトをつくり,みんながいつかリンクをしてくれるのを待つのもいいかもしれません。

     でも,それでアフィリエイトで生活は無理だと思います。

     ペンギンアップデートやパンダアップデート以降,これにより駆逐されたアフィリエイター,SEO業者は数しれずです。

     これからのSEOはどうあるべきか,難しいところではありますが,いかにも自然に見えるようなSEO対策が必要でしょうね。

     
     
     

    • アフィリエイトカレッジ伊藤 より:

      コメントありがとうございます。

      私の場合、こういったことを考えるのが面倒なので、SEOについては殆ど考えないようにしました。たまに試してみても、今回の記事のように良い結果が出ないので(;^_^

      私自身の例でいえば、検索エンジンのことは考えず、ひたすらコンテンツの中身だけを考えているほうが性に合っているようです。結果的に、なぜかそのほうがアクセスも集まっています。皮肉なものだなと思います^^


コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ