スーパーアフィリエイターが運営しているサイトを例に取りながら、どうすれば結果を出せるのか、やりかたを学んでいきます。アフィリエイトの実情を公開した、今までに2万人以上が読んでいる人気レポートです。

http://xn--tck8af3pb8791fn4q.affiliatecollege.net/

 

6年間稼ぎ続けているアフィリエイターと初めての報酬を手にしたアフィリエイター

先週、昔経営していた会社で雇用していたスタッフやビジネスパートナーの人達と久々の再会をしてきました。

 

私事なのですが、今年の春に結婚することになり、その話を友人の一人に話をしたら、お祝いということで、みんな集まってくれたというわけです。

 


こんな寄せ書きまでもらいました。みんな、ありがとう^^

 

アフィリエイター

 

それで、今回集まってくれた人の大半は数年ぶりの再会、なかには6年ぶり、7年ぶりといった人もいたのですが、嬉しいことにはみんな羽振りがいい状態です。

 

自分で会社を経営しているか、もしくは幹部として活躍しているなど、全員、私が最後に会った時よりもグレードアップしていました。

 

出てくるのは景気の良い話ばかりです^^

 

また、そのうちの半数はアフィリエイトが事業のメイン。具体的な数字は聞きませんでしたが、私以上の稼ぎになっているのは間違いありません。

 

それを何年も続けているのですから、たいしたものです。

 

『アフィリエイトって稼げるんだな~』とつくづく感じました。

 

アフィリエイトのやりかたを教えている立場なのに、何を言っているんだと思われるかもしれませんが、それだけにアフィリエイトが生半可なことではいかないことも分かっています。

 

なので、うまくいっている人をみると、その背景にある苦労や努力が見えてきて、スゴイなと感心してしまいます。

 

何年もそれ一本で続けているわけですから、投入した努力量は半端ないわけです。それだけやればスキルも磨かれるし、精神的にもタフになります。

 

ちらっとだけ話に出たのですが、ずっと順風満帆だったわけではなく、大変だった時期もあったようですが、そこを乗り越えられるかどうかが成功者と敗北者の境目です。

 

実際、彼らは素直で前向きです。

 

こうするとなったら、愚直に続けます。求道者のようなものですね。 こんな人は強いです。

 

そういえば、このところ、アフィリエイトカレッジの受講生さんで連続して成果が発生したという生徒さんが2人立て続けに出てきました。

 

2人だと少ないように思われるかもしれませんが、アフィリエイトカレッジは新規で入会される方が毎月3~4名、総生徒数50名前後の小さなスクールでなので、そのうちの2名というのは、私にとっては大きな数字です^^

 

彼らからは、下記のような嬉しい報告メールをもらいました。

 

1:育毛剤のアフィリエイトサイトを運営しているAさん

アフィリエイト

 

アフィリエイター

 

2:保険のアフィリエイトサイトを運営しているBさん

アフィリエイト成果 

アフィリエイト成果発生

 

Aさんが初めて成果をあげてから、立て続けに5件の成果を得るまでには要した時間は1週間。最初の一歩があれば、どんどんスムーズになっていくという好例です。

 

Aさんは、スピードが猛烈で、半年も経たないうちに育毛関係のサイトを複数、立ち上げています。その集中力の勝利かなという気がします。

 

一方、Bさんはアフィリエイト未経験で入学された方。これまでコツコツと地道にサイトを作ってきました。

 

私からみても十分なクオリティのサイトを作りあげて、アクセスも集まるようにはなっていたのですが、成果がなかなか出ません。

 

ようやく1件発生したと思ったのもつかの間、またしばらく成果ゼロの時期が続きました。

 

それで、この数ヶ月は成果をあげるために商品の紹介記事、体験談等を何度も書き直し続けてきました。

 

それで、昨日になって連続発生です。

 

もちろん、これからどうなるかはわかりません。もしかしたら、また思わしくない時期が続くかもしれませんが、その時にどんなふうに対処していけばいいのか経験し尽くしてきているので、同じ状況に陥ったとしても、また抜け出すのは速いと思います。

 

こんなことを続けていくうちに、気がついたら人が羨む成果を手にしているものです。

 

なので、諦めずに頑張ろうという月並みな話になってしまうのですが、結局、土台はここです。

 

たまたま、そのことを痛感する出来事が続いたのでお伝えさせて頂きました。

 

今後のアフィリエイトサイト運営プラン

これだけだと、いつもと同じような内容になってしまうので、最後にちょっとだけノウハウチックなお話をさせて頂きます。

 

私は定期的に、『こんなふうにしていこう』というアクションプラン(行動計画)をまとめているのですが、前回作成したプランが一通り終わったので、昨日、次のプランについて考えていました。

 

色々とやるべきことがまとまったのですが、今日はそのなかの幾つかのアイデアをシェアさせて頂きます。

 

まずは、英語系サイト『かかってこい!英会話』の収入アップに関してです。

 

このサイトは、去年のペンギンアップデートで引っかかって、アクセスが落ちましたが、なぜか順位が落ちたのが『英会話』という1キーワードだけで、他のキーワードでは影響がなかったので、コンテンツを強化してロングテールでアクセスを広うことで、アクセス数は元に戻すことが出来ました。

 

ここ1週間ほどはペンギンに引っかかる前よりも増えています。

 

ただ、『英会話』というビックキーワードで順位が落ちた影響を完全にカバーすることが出来ず、アフィリエイト収入はペンギンの前よりも落ちています。比較すると8割ぐらいです。

 

とは言っても、ロングテールのサブキーワード狙いでコンテンツを作ると、すぐにそのキーワードで上位表示されるので、サイトの評価自体は落ちていないようです。

 

そのため、収益アップを諦めるのはモッタイナイという状況です。

 

かといって一度順位が圏外にまで落ちた『英会話』というキーワードの順位を復活させようというのも、現実味がない話です。

 

そこで、収益源の幅を広げるべく、今まで取り組んだことがないジャンルに進出することにしました。

 

それが幼児英会話です。

 

英語というテーマのなかでは、決してアフィリエイトが盛んなジャンルではないのですが、それなりに商材が存在します。

 

以前、友達で子供の語学教育に熱心に取り組んでいた人間がいて、色々と話を聞いていたので、ネタも取りそろえられます。

 

これまで、『かかってこい!英会話』が相手としていた一般英語学習者とは顧客層が違うので、バッティングすることなく取り扱う商品を広げることも出来ます。

 

そして、何よりも子供の教育には財布のひもが緩みがちなので、成果が上げやすいのではと思っています。

 

それほど高額なアフィリエイト商材が展開するわけではないので、大儲けとまではいかないかもしれませんが、ペンギンで落ちた収益分をカバーするぐらいにはなるかもしれません。

 

幼児英会話教室って、大手だけでなく、個人で開業する人も多いので、そういった個人教室相手に独自アフィリエイトのオファーをすれば、先の展開も期待出来るということで、そのへんの可能性もひっくるめて、やってみることにしました。

 

同時に、せっかく子供の教育に踏み込むのであればということで、これとは別に子供向けの学習サイトを作ることにしました。

 

アフィリエイトで扱う商材は学習塾や予備校、家庭教師です。

 

ターゲット層は、また少し違ってきますが、似ているところもあります。予備校や学習塾というのは、ビジネスとしても成長市場で、過去最大の収益を記録する企業がわんさかいるので、今から取り組むには面白いジャンルだと思っています。

 

最後に、去年の夏に立ち上げてから、ほったらかしにしていたサイトがあります。

 

世界一わかりやすい英語の文法の学び方というサイトです。

http://2englishgrammar.com/

 

英語の文法をテーマにしたサイトで、英文法を学べる良質な語学教材で、報酬単価の高いものが幾つかあるので、そこを狙って立ち上げたサイトです。

 

ただ、どうも個人的に文法というものが苦手で、つい敬遠してしまい、そのまま放置状態になっていました。

 

ところが、先ほどアクセスデータをチェックしたら、今月に入ってから1日のアクセスが30~50ぐらいの間で推移しています。

 

コンテンツ4ページのサイトで、被リンク対策は何もしていないので、ウソだろうと思ったのですが間違いありません。

 

このサイトでは何冊か、英文法に関する有名な本に触れているのですが、その書籍名で引っかかってアクセスする人が多いようです。

 

正直、アクセスデータをチェックすることすら、サイト立ち上げ以来していなかったので、全く気付きませんでした(汗)

 

でも、これぐらいの数字がでている状態があれば、いい収益源に育てられるので、幼児英会話、学習塾と併せて重点的に力を入れていきます。

 

こんな感じで、やること満載ですが、やることが多いということは、それだけチャンスも多いということなので良いことです。夏ぐらいまでには一区切り付けられるように頑張ります^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

 

タグ

2月 28, 2013 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:運営者日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 青山 浩一 より:

    伊藤哲哉先生
     何時も情熱的に御指導を賜り、本当に有難う御座います。
     今日3月末日、アフィリエイトと取組んで10ヶ月経過しました、

     何も判らない儘、のたうち廻りながら積上げては修正・修正しては
     改正・補整の連続をして居ります、只、修正をしたが正しいのか

     誤りなのか判らない儘の連続です、それでも行動を起こすと必ず
     反応が有るのが面白く励みになります、その1、コメントの数が

     多くなった、その2、クリック数が毎日有るようになった、反面
     迷い悩みが解決出来ない、その1、現在A8.net 、FC2、Ameblo、

     Livedoorの4本と取組んでいるがAサイトが其々に分散している
     1本に纏める方が得策ではないかと迷う、その2、例:A8にサイト

     が複数本取り込んでいるが1本にすべきではないか、と迷いながら
     作業するのが楽しい日々です。

     今日の塾生のコメント実に実感の籠った感想、何時の日にか自分も
     そうなるだろうなー、と思いました。 有難う御座いました。

    • アフィリエイトカレッジ伊藤 より:

      青山さん、コメントありがとうございます。

      青山さんが経験されていることは、まさにアフィリエイトに取り組み始めた人が、最初に遭遇する試行錯誤の時期です。目に見える結果が出ない、気分的にはモヤモヤとした時期ですが、実はしっかりと実力はついています。木が地面のなかで根っこを伸ばしているのと一緒です。成功するために必要なことがキチンと起こっていますので、このまま続けられてください。

      サイトを一本化するのか、分散するのかというのは、どちらも正しいので正解はないのですが、青山さんが一番やりやすい方法(集中しやすいやりかた)で取り組むのが一番なので、こんな目安で判断してみてください。


コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ