スーパーアフィリエイターが運営しているサイトを例に取りながら、どうすれば結果を出せるのか、やりかたを学んでいきます。アフィリエイトの実情を公開した、今までに2万人以上が読んでいる人気レポートです。

http://xn--tck8af3pb8791fn4q.affiliatecollege.net/

 

この人はアフィリエイトで成功出来るなと感じた瞬間

前回の記事ですが、色々な方からメールで感想を頂きました。コメントを書き込んでくれた方もいて、久々に反響が多くて嬉しかったです。反応があると楽しいですし、こういったことに関心があるのかというネタを考えるうえでも役立つので有り難いです^^

 

コレまでの記事に対する反応をみると、サイトのアクセスデータだったり、こんな成功や失敗があったというようなリアルな体験談を求めているんだなと感じます。

 

他人がどんなサイトを運営しているのか、どんなことをしているのかというのは、アフィリエイターだったら誰でも気になることなので当たり前ですね^^

 

今後も、なるべく生情報をお伝えしていきますので、よろしくお願い致します。

 

アフィリエイトサイトのレスポンシブデザイン化

 

それで、今回も自分のサイト運営で何かネタになることがないかなと考えたのですが、取り立てて面白いことはありませんでした。

 

新しい動きとしては、『かかってこい!英会話』のデザインをフルリニューアルする作業に着手したことぐらいです。

 

このサイトは、2003年にホームページビルダーを利用して立ち上げたサイトです。HTMLもCSSも分からない時にワード感覚で作ったサイトなので、正直なところソース的にはメチャクチャです。

 

サイトのレイアウト自体、テーブルタグを使っていますし(;^_^

 

よく、これで上位表示されているなと自分でも不思議な状態でした。

 

これまで何度もリニューアルしようと思いつつも、ページごとにソースが違うようなヒドイ有様で、一括修正のようなことが出来ず、1つずつ手作業で行わなければいけません。

 

それで、今現在、600ページぐらいはあるので、必要な作業量を考えると途方にくれて・・・

 

これまで大満足の結果が出ていたので、手間をかけてまでやる気にならなかったのですが、幸い(?)、成果が落ちていて元に戻すためならば何でもやるという心境になってきたので、取りかかることにしました。

 

先日、どこかのサイトでレスポンシブデザインに変えただけで、売上がアップしたというECサイトの事例が公開されていて、そこに惹かれたのもキッカケです。

 

今でも、『かかってこい!英会話』はスマホ経由で成果があがっているので、このままでもいいのではと思いつつ、せっかくなので試してみます。

 

これで、どうなるか楽しみです。

 

よくHTMLソースがSEOに影響を与えるとも言われているので、それもどう転ぶか楽しみです。ソース的にはかなり洗練されていい状態になるので。

 

逆に、これで全く変わらないようだったら、それほど気にすることがないということが分かるので、それはそれで面白いです。

 

こんな気になったのも収入が減ったからこそなので、嫌なことが起きるのも悪くはないなと思います。いいキッカケになりました^^

 

稼げるアフィリエイターになるための通過点

 

こんな感じで、私自身の例としては、それほど有意義なネタがないのですが、その代わり、今月、アフィリエイトカレッジの受講生さんから頂いたメールのなかで、重要なことを示唆しているなと感じたものがあったので、それをシェアさせて頂きます。

 

読んだ瞬間、『この人はもう大丈夫、アフィリエイトで稼げるようになる』と思ったメールだったのですが、数通あるので時間軸に沿って紹介させて頂きます。

 

まずは1通目ですが、今年の1月に受け取ったものです。

 

アフィリエイトサイトのアクセス数

 

この方は去年の6月に入校された男性です。それから、どういったサイトを作るかプランを練って、実際に立ち上げて、それで今年の1月になってアクセスが1日50にまでなりました。

 

その間、半年です。半年間、アクセスがなかなか集まらないというのは、精神的にキツイと思いますが、それにもめげずにコツコツ続けたのが形になったということです。

 

それから2ヶ月後、今月の始めにもらったメールがこれです。

 

アフィリエイトの成果

 

初めてアフィリエイト報酬が1万円を超えました。

 

私が『この人は大丈夫』と思ったのは、このメールのなかにある『インターネットビジネスで、本当に利益が出るんだということがようやく(理解)できてきました。』という一文、そして『会社員で、お金は会社からもらうものだと思っていましたが、少し価値観が変わってきそうです。』という一文を読んだ時です。

 

文字通り、彼の価値観が、この瞬間に切り替わったということが分かりました。これまで、取り組みを続けながらも『アフィリエイトって稼げるのだろうか』、『自分の力でお金を稼ぐことが出来るのだろうか』という不安があったのだと思います。

 

これは最初はみんなそうなので仕方がないことです。(私もそうでした。)

 

でも、不安や疑念を持った状態だと人間の能力は発揮されないので、客観的にみれば、かなり非効率な状態です。

 

だから、結果も出にくくなります。

 

でも、こんなふうに一度、『稼げる』ということが腑に落ちると、一気に状況が変わり、今までの苦戦が不思議なぐらい、成果があがるようになります。

 

ちなみに、この受講生さんは、こんな感じになっています。

 

アフィリエイターの成果

 

アフィリエイトの成果と努力の相関性について、こんなグラフを見たことはないでしょうか?

 

アフィリエイトの努力と成果

 

最初は幾ら努力してもなんら結果が出ないけど、あるときから成果があがるようになり、そこからは努力量に対する成果のあがり方が劇的に増えるという現象を表現したものです。

 

これは真実ですが、こういったことが起きる原因としては、もちろん努力することによって本人の能力やスキルがアップするということもありますが、それと同じくらい『稼げる』ということに対する確信(違う言葉で言えば自信)を持てたことが大きいと思います。

 

個人的には、スキルアップよりも確信を持つといことのほうが、より大きな影響を与えていると考えています。

 

『自分はアフィリエイトで稼げる!』と心の底から思えたら、その瞬間に勝負アリです。間違いなく稼げるアフィリエイターになります。

 

ただし、ここが悩ましいところなのですが、確信というのは成果を出して初めて持てるものです。

 

成果が出る前には何をやってもムダです。

 

こういった時に自己啓発本やビジネス本だと、『大丈夫』と言いきかせるとか、成果があがった状態をイメージングするといった手法が紹介されます。

 

こういった手法は決して間違いではないですし、自分の気持ちを前向きにするうえでは有効ですが、それにも限度があります。

 

実際に成果が出たという事実とは比べものになりません。インパクトの度合いが全然違います。

 

だからこそ、どれだけ時間がかかってもいいから、最初の1つ、2つの成果を出すことが重要です。

 

1つの成果で状況はガラっと変わります。

 

半年経っても1年経っても成果が出ない。こんな状況にあると、『一体、いつになったら稼げるようになるんだ』と思いがちですが、最初の一つが出れば、その後は速いです。

 

1万円の収入を得るまでに1年かかったのに、そこから10万円に増やすまでには3ヶ月しかかからなかったといったことが起こります。

 

ちなみに、最初の1件を達成するまでに要した時間が長ければ長いほど、この増加幅は大きくなりがちです。(それまでに積み上げてきたものが大きいからだと思います。)

 

1つ目の成果が出るまでは、正直なところ、モチベーションもイマイチだし、『大丈夫なの?』と不安で頭がいっぱいで、なかなか作業が進まないと思います。

 

でも、これは仕方がないことです。不安を解消しよう、やる気をアップさせるために何とかしようとアタフタするよりも、それはそれと気にせず、ペースは遅くてもいいので、目の前の作業を一つずつ丁寧に終わらせていくことです。

 

ポイントは結果を気にしないこと。アクセス数や報酬額など、どうでもいいので、とりあえず半年ぐらい作業を継続して、サイトを作り込んでいくことです。

 


そういえば、収入額とASPの成果レポートを見る頻度って反比例します。稼げない人ほど、しょっちゅうASPにログインしてレポートを見るものです。

 

収入を気にしないということは、収入を得ることを諦めるとも言えますが、この諦めが迷いや不安を断ち切ることにつながります。

 

不安や心配が出てくるのは結果思考にあるからなので、結果を気にしなければ、こういった感情が出てくることはありません。

 

そうすれば、スッキリとした気持ちで取り組めるので、パフォーマンスも上がります。結果的に成果があがるのも速くなります。

 

要は焦らず落ちついて、一歩ずつということです。そうやってコツコツ積み重ねていけば、結果は勝手についてきます。

 

なかなか思うように成果が出ないという人は、アフィリエイトに取り組んでいる時の自分の精神状態をチェックしてみるといいです。嫌な気分やドンヨリとした気持ちになっていないか。

 

それは結果思考になっている証拠です。そんな時には『まずは、この1ページを仕上げよう』と目の前の作業に意識を集中するようにしてください。

 

最初は難しいかもしれませんが、繰り返していると、だんだん集中出来るようになってきますし、そうなれば作業ペースも速くなり、結果にどんどん近づいていきます。

 

アフィリエイトで成果を出そうとするのであれば、まずはこんなふうに、集中出来る自分になることを目指すのが先決かもしれないですね。

 

まさに、『心を整える』です^^

 

 

全ては、ここからです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

 

タグ

3月 30, 2013 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:運営者日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. yokoi より:

    初めまして。
    いつも有意義に拝読させて頂いております。

    胡散臭いアフィリエイターとは違い、伊藤さんのお話は昔から一本の筋が通っておりブレていない印象を毎回受けます。

    “昔から”というのは私のバイブルである「アフィリエイトの王道」からということです。

    以前から何度かコメントを残そうとは思ったもののなんとなく避けていました。しかし今回は私もドキッとした箇所があったので、コメントを残そうと思うに至りました。

    それに今までは供給してもらうばかりの立場だったので、伊藤さんの“共有の精神”への感謝も込めて、伊藤さんをはじめご愛読されている皆様にも何かのお役に立てればと思いコメントを残させて頂きければと思います。

    少々長いですが、何かのお役に立てれば幸いです。

    私はアドセンス歴が3年以上あることもあり、アドセンスを除いたアフィリエイト専用のサイトを立ち上げて1ヶ月もしないうちに1件(約1万円)確定しました。
    (アドセンスもそんなに稼げていません)

    この時、今回の伊藤さんの記事の中にある「これは稼げる!」という確信はありました。

    しかし、その後の経過でこれが“過信”であったと深く反省することになります。

    実はサイトを立ち上げてからその後も毎月数千円~1万円程度の収益はあるものの、まだ何か足りないようで一向に上向く気配がしていませんでした。

    何となく「たまたま稼げてるのかな」という気が今でも拭えず、初めての報酬が発生してから既に8ヶ月以上が経過しています。

    アドセンスを合わせると稼げていない状況がもう4年目に突入です。

    諦めないことだけが私の強みですし、「諦めないことだけなら成功しているアフィリエイターでなくともできる!」と自分に言い聞かせ今日まで粘っていますが、正直毎日不安と希望の間で葛藤する日々です。

    しかし現在はほんのわずかですが、今月に入って成果が上向きになりそうな気がしています。今までは狙っているアフィリエイト広告が3ヶ月で2件程度だったのが、修正を加えながら育てきたおかげか今月だけで既に3件(4万円弱)発生しました。

    アフィリエイトの成長曲線でいうと、ちょうどカーブが始まる寸前のところかなと想像はしています。
    (実際のところは分かりませんが・・・)

    アドセンスを含め過去にも突然稼げる月があったので、「これなら稼げる!」と思う事は今までにも何度かあったのですが、そのどれもがたまたまでした。努力の成果ではなく、googleや広告主の気まぐれだったと思います。

    ですが、今回はこれまでとは違うような気がほんの少しですがしています。

    理由は、多少はきちんとした努力をしていることではないかと自分では分析しています。

    そのきっかけとなったのが伊藤さんの「アフィリエイトの王道」です。昨年10月にふと以前購入していたこの本を再び読み返したのですが、この時は以前と違って伊藤さんの言葉が“腑に落ちる”ように、頭ではなく心にスーっと入ってきました。

    以前は「そんなのもう知ってるよ」と成功しない人間の決まり文句を片手に本を読んでいたので、正直、内容の価値に気付きませんでした。つまり本当の努力をしていなかったということです。

    極端に言えば「ユーザーをどうやって欺くか」という手法にばかり目がいっていたのだと思います。自分にそういうつもりがなくても、楽して稼ぎたいという思いがどこかにあって、それが行動ににじみ出ていたのだと今振り返ると思います。

    実際、自分の想像の100分の1しか稼げていない日々がもう何年も続いているのですから。

    しかしそうやって失敗の量が多かったからこそ、伊藤さんの言葉がストレートに入ってきたのだと自分では前向きに解釈しています。

    この本と出会ったおかげで、“真っ当な本物のアフィリエイター”としての生き方を知ることができ、幸運ながら私自身改心することができたと感じております。

    もちろん、今でも収益が自信を持って「伸びている!」とは言えないので、まだまだ甘い自分がいるのも事実です。

    人はそう簡単に変われるものでないことは重々承知しておりますので、現在もそして今後も諦めずに伊藤さんのような“真っ当な本物のアフィリエイター”を目指して邁進していく所存です。

    私は幼い頃から何事も人の5倍は不器用なのでアフィリエイトでもなかなか結果が出せていませんが、結果が出るまで諦めずに進み続けます。

    私の失敗談はここまでと致しまして、今回の新たな気付きについて最後にお話しさせて頂ければと思います。

    今回の伊藤さんの記事内にあった


    そういえば、収入額とASPの成果レポートを見る頻度って反比例します。稼げない人ほど、しょっちゅうASPにログインしてレポートを見るものです。

    これがまさに今の私です。

    収益を気にするあまりに毎日少なくとも10回以上は見ています。作業中も開いておいた状態で気になった瞬間にブラウザの更新をして確認するほどの徹底振りです。

    不成功者のクセがまだ拭えていない証拠ですね。

    これでは集中力が散漫になるのは伊藤さんの仰る通りだと思います。

    伊藤さんの仰る通り、収益を気にし過ぎるあまり、本来やるべきことを怠っていたと痛感すると同時に深く反省することができました。

    有難うございます。

    そしてこのコメントを書いているこの瞬間、即座にブラウザからASPの管理画面を閉じました!「最後に一回だけ見てもいいかな」という甘えも振り捨て閉じました。出来ることは明日からではなく今から!

    旬な言葉で言えば、まさに「じゃいつやるか?“今でしょ!”」でしょうか。

    私には時間という武器がありながら、成功までに時間がかかり過ぎているので、まだまだ努力が足りない証拠だと痛感しております。

    「アフィリエイトの王道」第4部No,95(P196)の「確実に目標にたどり着く目標設定の仕方」を再度やり直したいと思います。そしてきちんと“実行”していきたいと思います。

    明日から4月なので、何かが変わる月にしたい・・・ではなく、変わる月にすべく“今から”行動したいと思います。

    塾生でもないのに長々と失礼致しました。

    また貴重なお時間を頂戴し、最後までお読み頂きまして誠に有難うございました。

    伊藤さんをはじめ、塾生の皆様、ご愛読者の皆様のますますのご成功を祈っております。

    私も負けないよう頑張ります!

    • アフィリエイトカレッジ伊藤 より:

      yokoiさん、コメントありがとうございます。『アフィリエイトの王道』を出版したのは2010年だったと思うので、何年も参考にして頂いて嬉しく思います。

      yokoiさんのお話を伺う限り、もう十分に稼げるアフィリエイターとしての能力をお持ちだと感じます。ご自身を客観的にみて、より高めるための行動を取られていますが、これが出来れば成功者です。あとは時間の問題で、物質的な見返りもついてきます。

      この『時間』というのが、いつなのか明確に分からないのがアフィリエイトの難しいところですが、成長曲線を描く一歩手前までは来ていると思います。もう少しなので頑張ってください! これまで4年間も頑張ってこられたのであれば、努力することが染みついているので大丈夫だと思いますが^^

      結果が出たら、また是非教えてください。楽しみにしています!


コメントをどうぞ

このページの先頭へ