スーパーアフィリエイターが運営しているサイトを例に取りながら、どうすれば結果を出せるのか、やりかたを学んでいきます。アフィリエイトの実情を公開した、今までに2万人以上が読んでいる人気レポートです。

http://xn--tck8af3pb8791fn4q.affiliatecollege.net/

 

アフィリエイトサイトはコンテンツ数が多ければいいのか?

前回、ブログを更新したのが5月のGW空け。気がついたら2ヶ月以上が経過してしまいました。この2ヶ月は思うところがあって、アフィリエイトサイト運営の方向性について、色々と考える時期でした。

 

ただ、その間も現行サイトのテコ入れは地道に行っていて、幾つか面白い結果も出たので、シェアさせて頂きます。

 

運営サイトのテコ入れ状況

 

1:ほったらかしサイトのアクセス経緯

春先に作成した家庭教師のサイト。

http://shikaku07.com/

 

このサイトですが、この2ヶ月間、サイトの更新を止めていました。サイト立ち上げ時から1日1~2記事のペースで更新していたのですが、しばらく続けてもアクセスがゼロ。

 

それで、何か失敗したかなと思う反面、もしかしたら新規サイトは何をやっても時間が経たないとダメなのかもと思い、このままの状態で時間をおくとどうなるか実験してみたくなり、実際に試してみました。

 

その結果がこれです↓

 

家庭教師サイトのアクセスデータ

画像をクリックすると、大きくなります。

 

先月末からアクセスが上がるようになり、今では1日130ぐらいまで伸びました。文字通り、何もしていないのに、この結果です。

 

アフィリエイトの成果に関しても、7月13日に初めての成果が発生。それから今日まで合計5件の成果があがっています。

 

家庭教師は報酬単価が高いので、数件でもバカに出来ない金額になります。ようやく、形になってきましたが、時間って、なかなか重要な要素なんだなと改めて実感しました。

 

※補足
今、気づきましたが、このサイトを立ち上げたのは4月22日なので、3ヶ月でここまで形になりました。他サイトの運営をしながらの結果としては良好です。もっと時間がかかっていたような気がするのでビックリです。

 

私は現金な性格なので、成果があがるとやる気になります。今はまた意欲が出てきたので、このサイトの更新に力を入れていくつもりです。

 

ちなみに、この経験もあってのことなのですが、『成果があがった時のモチベーション』というのを、うまく活用することを心がけるようになりました。

 

私は今現在、収入源となっているサイトを20サイトぐらい保有しています。そのなかには、継続的に成果が発生することはなく、不定期でポツポツと発生するサイトもあります。

 

正直、こういったサイトの場合、しばらく成果があがらない時期が続くと、運営する気がなくなります。

 

これまでは、そんな時でも、気合いを入れて定期的に更新するようにしてきたのですが、それはどうも精神的に疲れます。

 

気持ちが落ち込んでいると、パフォーマンスが悪くなり、いつもより時間がかかったにも関わらず、出来上がったコンテンツはたいしたことがないという結果になりがちです。

 

これでは作業してもムダなので、やりたくなくなったら止めることにしました。

 

でも、そんなサイトでも成果が上がるとやる気になるので、そんな時には集中的に更新するようにしています。

 

コンテンツ数でいうと、10ページぐらいを一気に作成するという感覚です。やる気があると、ネタのアイデアもどんどん出てくるので、なかなかいい感じです。

 

2:債務整理のアフィリエイト

それで、今やる気が出ているのが債務整理のアフィリエイトです。

http://ii-tem.com/

 

元々、カードローンに関するサイトを運営していたのですが、途中から借金問題を解決するという方向性に切り替わり、債務整理のアフィリエイトリンクを貼るようになりました。

 

それでポツポツと成果があがるようになり、こちらも報酬単価が高いのでやる気になっています^^

 

それでこのサイト、セオリーでいけば『債務整理 東京』みたいな感じでキーワードを狙っていくことになりますが、それは止めています。

 

理由としては単純に競争が激しくて大変だからです。

 

それよりも借金問題を抱えている人が検索しそうな情報をまとめて、その系統のキーワードでアクセスを集めるようにしています。

 

専門用語というわけではないのですが、借金を抱えている人だけが使うようになる特有の言葉があるので、そういった言葉に関連したコンテンツを作っています。

 

(具体的に、どんな言葉が知りたいという人はヤフー知恵袋などで借金関連の投稿をチェックしてみてください。あと、半分遊びですが『闇金ウシジマくん』はなかなか参考になります^^)

 

債務整理という商品と直結するキーワードと比較すると、コンバージョンは落ちますが、アクセスが集めやすいので良しとしています。

 

3:リスト取り

婚活サイトに関しては、リスト取りを始めました。無料レポートを作成して、フッターでPR、登録者に対して、ステップメールでセールスをかけるという流れです。

 

男の婚活・恋活のリスト取り

 

どうも、このサイトの成果がイマイチなので、ネットマーケティングの基本に戻って、リスト取りから始めることにしました。

 

初めて知った人には何のことだかサッパリだと思いますが、説明すると長くなってしまうので、別記事で改めて説明させて頂きます。

 

1日数人といったレベルですが、少しずつ登録者が増えています。その結果かどうかは分かりませんが、とりあえずステップメールで取り上げている商材が2件売れています。

 

今の登録ペースだと、2ヶ月ぐらいみないと本当に効果が出ているのかどうか判断出来ませんが、リストを取得してマイナスにはならないので、とりあえずこのまま続けてみます。

 

コンテンツの作成について考えたこと

こんなことをしながら、今後の方向性について考えていたのですが、出発点となったのは、コンテンツ作成に関する一つの疑問でした。

 

コンテンツ数が多いサイトは、グーグルからの評価が上がり、アクセスを集めやすい

 

この点について異論がある人はいないと思います。私にとっても、これはサイト運営の指針であり、そのため、定期的にサイトを更新することを心がけていました。

 

そうやってきた結果、たとえば一番最初に立ち上げた『かかってこい!英会話』はコンテンツ数が800近くあるサイトになりました。

 

ただ、このサイトのメインテーマである英語の勉強に関しては、それほど伝えるべきことはなく、切り口は違えど、同じようなことを繰り返し書くことになっています。

 

結果として、似たような趣旨のコンテンツが多くなりました。

 

コンテンツ数800ですが、本当に伝えるべきことをコンパクトにまとめたら、100~150ぐらいにはおさめられると思います。

 

コンテンツ800と100のサイト

 

得られる情報が一緒であれば、媒体として優れているのは後者のサイトです。読む側からすれば、コンパクトにまとめられていたほうが短時間で情報収集が出来るのですから、利用価値は高くなります。

 

そうなると、わざわざ似たようなコンテンツを増やすことは、顧客視点で考えたら意味がないわけです。違う意見もあるかもしれませんが、私はこう感じました。

 

そうなると、自分のやっていることが無意味と思えてきました。もし、それがアクセスアップ、SEOといったことにプラスになるとしても、アクセスした人に対してプラスにならないのであれば、むなしいことだなと。

 

ただ、今現在だったらSEO的にプラスになっているとしても、今後、それが続くのかな?という気もします。

 

ただ、コンテンツが多いから優良サイトとは見なされないようになってくるのではということです。

 

被リンク数の評価に対する変化の歴史と全く同じ理屈です。

 

元々、被リンク数が多いサイトが評価されていたのは、読み手から評価されるサイトは、自然にリンクを貼られるからというロジックがあったためです。

 

それを逆手にとって、人為的に集めるやりかたが広まったので、被リンクに対する評価がより厳しくなったわけです。

 

数年前と比較すると、コンテンツの重要度が高くなっているのも、被リンクでない別の基準をということでの発想なのでしょう。

 

でも、ここでも、外注といったような形で量産することが普通になってきました。そうなると、今度はコンテンツも別の基準に取って代わられるのだろうなと思います。

 

実際、ソーシャルメディアに取り上げられると、評価が高くなるといったことが起きています。

 

正直なところ、どんな評価基準になるのかは分かりませんが、グーグルがユーザーから評価されるサイトを上位表示させられるようにアルゴリズムの改修を続けることは間違いありません。

 

これが検索エンジンの存在意義そのものだからです。

 

そうなると、SEO的に考えても、ただコンテンツ数を増やしていけばいいということはならないはずです。

 

それよりは数にこだわらず、ユーザーにとって必要なことだけをしっかり伝えるサイトを作り上げるということでいいだろうと感じます。

 

それが結果として、伝えるべきことが多いテーマだと、コンテンツ数の多いサイトになるし、なければコンテンツ数の少ないサイトになるというだけの話です。

 

そこで無理に増やすことは止めようと思います。

 

たとえば、先ほど触れた家庭教師のサイト。今現在のコンテンツ数は36、10ぐらいは作り置きがあるので、50プラスぐらいにはなると思います。

 

ただ、これを100に増やそうとして、それだけのネタがあるかというと今のところ微妙です。作ろうと思えば幾らでもひねり出して作れますが、これでは意味がありません。そのため、コンテンツ数50ぐらいのサイトにおさまりそうです。

 

規模としては小さいので、検索エンジン経由で集まるアクセスは少ないかもしれませんが、それならそれでいいという考えです。そのアクセスのなかで収益を最大限化して、それが出来たら、また次のサイトを作るようにします。

 

ただし、本当に良いサイトだったら、色々なメディアで取り上げられるので、アクセスってスゴク集まるんですよね。こうなると、正直なところSEOっていらなくなります。

 

みんな、サイト名などで検索してくれるようにすらなるので。

 

ニュースサイトで取り上げられるような、口コミで勝手に広がるような存在感あるサイトを作る。

 

これは大変なことですが、目指す方法としては、私にとってはこのほうが合っています。

 

一応、自分なりの指針はあります。それは、本格的なサイトが存在しないようなニッチなテーマで作ることです。

 

たとえば、家庭教師のサイトでも、大きなくくりとして『家庭教師』というテーマを追うのではなく、ある分野に特化したものにします。

 

こんな感じです↓

 

  • 帰国子女で日本の学校の授業についていけない子供が家庭教師を利用する時の注意点をまとめたサイト
  • 過疎地や離島に住んでいて優秀な家庭教師と出会うチャンスがない家庭向けに、インターネットで受講出来る家庭教師システムを紹介するサイト

 

オンリーワンのサイトになれば、存在感は出てくるので、この方向性で作り込んでいくつもりです。

 

これが当たるかどうかはやってみないと分かりませんが、私にとってはやる気が出てくることなので、まずは気の済むまで追求してみます。

 

『作ってくれてありがとう』

 

アフィリエイトサイトでの笑顔

読み手から、こう言われるようなサイトを運営したいですね。 ビジネスの基本中の基本ですが、改めて、その原点に戻ろうと思いました。

 

アフィリエイトに取り組む第一目的は収入なので、お金を稼げないのは嫌ですが、かといって、お金だけに目がくらむようなカッコ悪いこともしたくないので、バランス感覚を持ちながら取り組んでいきます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

 

タグ

7月 25, 2013 | コメント/トラックバック(6) |

カテゴリー:運営者日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. ちこ より:

    いつも内容の濃い情報を有難うございます。
    今回は、アフィリ作業はあくまでも訪問者目線が第一義で、
    アクセスアップのノウハウがメインでないことを改めて確認させていただきました。報酬が思うように上がらないと、どうしても焦って、ノウハウに意識が行きそうですが、結果として遠回りというか、違った方向に行ってしまいますね。

    • アフィリエイトカレッジ伊藤 より:

      にちこさん、コメントありがとうございます。

      成果が思うようにあがらないと、色々と悩んでしまいますが、こういったプロセスが、スキルアップにつながります。ノウハウに意識を向けることも時には大切ですし、これはこれでいいと意味があると感じます。

      遠回りでもたどり着けばいいわけですし、歩き続けていけば、いつかはたどり着きます。ノンキな言い方ではありますが、いつも私はこんなふうに思っていて、これも生き残ってこられた秘訣なのかなと感じています。

  2. アフィリエイト8年目の人 より:

    「この2ヶ月間、サイトの更新を止めていました」とありますが、4月22日に解説して、いまが7月なのですから1か月くらいで更新をやめてしまったということでしょうか?
    体感で2か月くらいなのでしょうけど、案外早く見切りをつけるんだなと意外な感じがしたので聞いてみました。
    私もSEO対策はせずに、ただコンテンツを増やしているサイトが今月で半年になりますが、今月はじめて売上が数件(1桁)あり、2万弱の報酬がありました。売上があがると、やる気でますよね。良質な記事を書けば、必ず結果が出るという主張にはいつも勇気づけられます。これからもがんばってください。

    • アフィリエイトカレッジ伊藤 より:

      コメントありがとうございます。

      こうやって言われてみると、たしかに家庭教師のサイト、更新を止めるのが早いですね。

      自分でも、どうしてだろう?と振り返ってみたのですが、手応え(アクセス)があまりにも無いので、『これがおかしい』と思ったのがキッカケでした。『今のままでも、時間さえ経てば大丈夫なのでは』と思ったので、実験したみたら、本当にそうなったという感じです。

      この2ヶ月間、更新を続けていたら、どうだったのかなという気もしますが、今のところは、ある程度作り込んだら、ほったらかしにして、アクセスが集まるようになってきてから本格的にテコ入れというやりかたを続けていこうと思っています。

      目に見える成果があがるとモチベーションがあがる現金な性格の自分には、このほうがあっていると思います^^

      お互いに頑張りましょう!

  3. 青山 浩一 より:

    伊藤哲哉 先生、
      2ヶ月程前から、先生の励ましと、ご指導の通信が途絶えまして、遂に
      先生からも見放された、だが、一年間のご指導に何としても応えようと
      決心して日々励みました。
     
      丁度、その時期が一年経過した時期でしたので、今14ヶ月経過した処  ですが、依然として見事に記録ゼロ更新を続けています。

      先生から励ましと、ご指導の通信を受信した都度、先生宛に御礼の返信  を致しましたが、次の受信した文面から推測すると、先生には届いてい  なかった、と判断をしておりました。

      14ヶ月を反省すると、サイト登録に問題が有った、と素人判断をして  居ります、それは、A8net、から「サイトはⅠ本のみで、複数欲しい場  合は、別のブロバイダに登録・・」との通信に接しまして、FC2、    Ameblo、Livedoor、に其々Ⅰ本ずつサイトを分散設定しました。

      これが、正しいか否かは判りませんが、サイトの組み立てを、造っては  壊し、の連続の14ヶ月、と謂っても過言では有りません。

      斯様な状況では成果が挙る道理は有りません、去る7月15日に上述の  Ⅰ本ずつの分散組立をしたたばかりですから、更に一年は辛抱をする心  算です。

      何時も励ましを心より御礼を申し上げます。         敬具

    • アフィリエイトカレッジ伊藤 より:

      青山さん、コメントありがとうございます。

      メールを頂いていたみたいで申し訳ありません。うまく受信出来ておりませんでした。

      こうやって続けられているのは素晴らしいですね。これからも試行錯誤が続くと思いますが、頑張ってください!


コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ